トリの羽かざり

こんにちは。エンゼルガーデンの安原です。今日は、『トリの羽かざり』ゲームを紹介します。

洗濯バサミにテープを結びつけたものを羽に見立て、背中にエプロンつけた職員(鳥のつもりなんですが…)にどんどんつけていくのです。赤、青、黄の3チームに別れて、それぞれ自分達の鳥さんのエプロンにたくさん羽をつけて飾っていきます。持ち時間は1人1分、チーム内で次々交代していき、最後に羽をいくつつけられたかを競うゲームです。

洗濯はさみで挟む動作というのは、意外と指先に力がいりますね。わたしたち職員も余った時間に参加させていただきましたが、ムキになればなるほど指がつってきそうでした。ご利用者様の中には、どんどん飾られていく羽の数に興奮するかたも。ご自分の順番でないのに、立ち上がって羽をつけようとするかたもみられました。

これ、実は準備がけっこう大変。だいたい一色につき70個の洗濯バサミを用意して、それぞれにテープを三本結びつける作業は時間がかかりました。空き時間を利用して少しづつ準備していった職員のみなさんお疲れさまです。ご利用者様がよろこんでくれてなによりでした。同じ道具を使って、また別のゲームを考えるのもよいかもしれません。

さて、次はなにをしましょうか?



Both comments and pings are currently closed.